story

MADOについて知って欲しい事があります。

With the concept of everyday luxury,​

we started with the desire to give children great clothes.

 

''日常のラグジュアリー''をコンセプトに、子供達に素敵な服を提案したい

という想いからスタートしました。

Textile

The brain and skin have the same roots.

The fabric that comes into direct contact with the skin has a great impact 

on the growth of children.

Of the natural materials,I used wool as the main material.

And has natural elasticity, so it does not easily wrinkle and has good breathable.

''皮脳同根''という言葉があります。

​脳と皮膚は密接につながっている為、

皮膚に直接触れる生地は子供の

成長にも大きな影響を与えています。

​天然素材の中でも、高級WOOLをメインに

使用しました。

高品質なTROPICAL WOOLは、

型崩れしにくく、自然な伸縮性もある為

しわになりにくく、通気性もいいです。

冬は保温してくれ、夏は汗を外に

発散してくれる最高の素材を選びました。

Original Design

The brand name MADO means window.

A window is what connects you to the outside.

The fabric pattern is inspired by the beautiful scenery

of everyday life.

Expressing the individuality that becomes the point,

base on a classic and minimal design.

We value the concept of everyday luxury and design, comfort, and functionality.

 

ブランドネームの''MADO''は文字通り''窓''から付けたものです。

窓は外の世界と自分を繋ぐものです。

日常の中にある美しい瞬間から得た

イメージをデザイナーが生地の柄にし

物語性のある服を提案します。

ミニマムでクラシックなデザインを

ベースに、ポイントになる個性を表現。

コンセプトである

''日常のラグジュアリー''を大切にし

一つ一つのデザイン、着心地、機能に拘りを持って製作しています。

Sew​ing

The photo is Kunio Takahashi, CEO of Maruei Dress in Tokyo.

It has been 60 years since its establishment,

and has been focusing on sewing luxury women's clothing.

It is a genuine craftsman who has been working

on improving technology and quality every day.

MADO's sewing is led by Mr.Takahashi,and a skilled craftsman who has

been sewing for 20 to 30 years or more.

Using that knowledge and experience, we carefully produce each piece.

​写真の方は東京下町の北区にある丸栄ドレスの社長、高橋邦雄さんです。

1960年に創立し、先代より60年にわたり

高級婦人服の縫製一筋に邁進してきました。

日々技術力と品質の向上に取り組んできた

生粋の職人です。

MADOの縫製は高橋さんを筆頭に、

縫製歴20年から30年以上の​熟練の職人が、

そのノウハウを活かし一着一着丁寧に製作しています。

Sh​ell button

有限会社丸栄ドレス

所在地: 〒114-0005 東京都北区栄町30−5

電話: 03-3919-2008

http://www.tokyomade.jp/member/2008.html

The buttons used on the blouse are made of natural

white and black peal oysters.

Each one emits a different brilliance, creating a presence that plastics do not have.

One of the proofs that it is said to be a high-class shirt

is that the button is a shell button. Shell button is like a glowing accessory.

ブラウスに使用している釦は天然の白蝶貝と

黒蝶貝を使用しています。

天然貝釦は一つひとつ異なる輝きを放ち、

単一表情のプラスチックには

無い存在感を醸し出します。

高級シャツと言われる証の一つに

''釦は貝釦である事''が挙げられます。

​貝釦は美しく光るアクセサリー

様な物です。

F​unction

Designed so that children can easily put on and take off.  

the back fastener is a concealed fastener that is not made of metal.

By attaching a ribbon, children can easily attach and detach.

An inner flap is attached so that the fastener does not come into direct 

contact with the skin.Some clothes use

Fock,but the metal of Fock is wrapped with thread.

子供達が自分で着脱出来るように工夫を

しました。背中のファスナーは

金属製では無いコンシールファスナー

を使用し引手を付けた事により、

子供達が自分でファスナーの開閉が

できます。ファスナーのエレメント

部分(ファスナーのムシ)が直接肌に

触れないようインナーフラップを

付けました。一部フォックを使用して

いるお洋服もありますが、

フォックの金属部分は糸で巻かれているもの

を使用しています。

Photographer​

Kenta Nakano

I am from kyoto.

I started take a picture since2007.

I worked some studiowork while studying photography by myself.

Then I moved to Tokyo 2015.

While I gaining experience as a photographer at a production company in Tokyo,

I also active as a freelance.

I Active in portraits,coverage shooting, artist shooting,etc.

''I focus at places where people don't care,

and I'm picking them up and take them photo.''

 

【While walk I focus at places where people don't care, and I'm picking them up

 and take them photo.】

中野 賢太

京都市生まれ。

2007年からライブを撮り始める。

独学で写真を学びながら、幾つかのスタジオワークを経験。

2015年東京に移住。

都内製作会社でフォトグラファーとして

経験を積みつつフリーランスとしても活動。

ポートレート、取材撮影、企業広告、アーティスト撮影などで活躍中。

『人が見えないところを見つめて、それを拾いながら歩き 撮っていく』

 

 

© 2019 8SKILLs, Inc. All Right Reserved

  • Instagram